成長戦略参謀室ならクライアント自身が自分たちの力で業績を上げる可能性を最大化できる。

 

そうです、それはいつだってボトルの上にあります。

それは企業でも同じです。

ボトルネックは常に上(TOP)にあります。

これらを、チェックするだけでも、ボトルネックは発見できます。

そして、また、

 

もし一つでもお心当たりがあるのであれば、私どもの理念に、少し耳を傾けていただければと思います。


よく、打ち手は無限と言いますが、実はこれは嘘です。

大野栄一
というのもあなたの行動は、
必ず、
あなたの思考習慣に制限されてしまうからなのです。
あなたの思考習慣が、「限界」や「盲点」や「あるはずの無い壁」をつくりあげ、
本当は打破できるはずの問題を限りなく難しい問題に感じさせるのです。

これを避ける為には戦略会議と経営計画が必要です。
実は経営計画それ自体より、経営計画策定過程=戦略会議において大いなる価値を見出せます。

たとえば、

しない方がいいことを効率的にやる無駄ッシュゴースト


すでに行っていることの続行を迫る慣性メタボリアン


気づいていることではなく、
気づかずにいる事によって制約をしかける透明制約星人



このモンスターたちにまず気づかない限り、状況を変えることは永遠に不可能でしょう。

ですが、ひとたび戦略会議の中で、経営計画を策定していけば、
不敗の方程式を発見できます。

なぜなら不敗の方程式とは、
戦略に必要な戦術を心の闇に放置せずに、
明るい紙の上(あるいはパソコンやiPad上)に洗い出す作業のことだからです。


戦略会議ではハッキリしている事とハッキリしていない事をハッキリさせます。
それにより、優先順位がハッキリします。
理由は簡単です。
ハッキリしていないことに解決策が存在しているからです。

知っている事から始めるのではなく、 知らなければならないことから始めることが、

もっと言えば、
出来れば聞きたくないことに対して勇気を出して耳を傾けることが
どんな企業にも共通する事業成功への第一歩となるのです。

あなたには、
すごい考え方を取り入れるスペースはありますか?


まだ余地があるなら、是非、この先を読み進めて下さい。

 

 

グラフ

 

回復の壁とは?
『V字回復』という言葉を聞かれたことがあるかもしれません。
まさに、「回復の壁」とは、過去最高ラインの業績まで回復、再生していく際に立ちはだかる壁のことです。
解決のポイントを端的に言えば、ここで必要なのは「捨てていくこと」「やめる事柄を決定すること」等です。

飛躍への壁とは?
「回復の壁」を突破したら文字通り、「成長の壁」を突破する時です。そう!飛躍への挑戦です。
しかしながら、このステージでは新たな盲点が生じています。
飛躍のステージでは「絶対的な理由・動機」が本物かどうかが試練されます。
そして「ストレッチする」習慣を持つことが重要になるのです。
つまり「組織を構成する人たちの感情」が最大の資源になることを意味しています。

「回復の壁」を突破したら文字通り、いよいよ飛躍への挑戦です。
この「改善の壁」はいつも成長を邪魔します。モノを言うのはやはり、流儀・価値観です。
一言で言えば、失敗を推奨する文化こそ、改善に次ぐ改善を生み出す豊かな土壌となります
失敗が無ければ、新しい価値は生まれません。
失敗の推奨こそ圧倒的な改善の鍵です。

 

●●億円の壁があるとか一度は耳にされたことがあるかもしれません。
しかしそれは言い換えれば、上の3つの壁のうち、ひとつないしふたつが邪魔をしているにすぎないのです。

ではなぜ、成長戦略参謀室だとこれらが解決できるのでしょうか?

それは、それぞれの分野でのスペシャリストに対して実際に課題を与え、
クリアできたスペシャリストにさらなるトレーニングの機会を与え、
突破口を創りだした経験のある…
非常に高いハードルを越えた人材のみを参謀室のメンバーへと選定しているからに他なりません。

そして、あなたの盲点をそれぞれ分野のスペシャリスト集団である私たちが360度囲む形で、明らかにしていきます。
あなたの欲しい成果を手に入れるために私どもが用意している『自分たちの力で』『打ち手創造に取り組み』
『業績を上げる可能性を最大化できる』
というコンセプトそのものが【古くて新しい】そしてパワフルな力を備えているのだと確信しております。